プロミスの金利について詳しく解説。最高金利の低さと無利息期間が魅力的!

promiseyacach

知名度が高く資金力のあるSMBCグループ内にあり、信頼性のあるSMBCコンシューマーファイナンスのプロミス。

即日融資※を売りにしており、審査や融資までのスピードの速さにも定評があります。

最高金利が他の消費者金融系カードローンより低く、無利息サービスもあるため、幅広い層から人気が高まっている業者です。

今回はそのプロミスの金利について徹底検証します。

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。

プロミスの公式サイトはこちら

プロミスの借り入れが可能な方

プロミスで借入ができる条件は以下の通りです。

  • 20~69歳で安定収入のある方
属性 社員 アルバイト・パート 学生(バイト等の収入あり) 専業主婦(収入なし)
借入の可否 ×

他の消費者金融と同様に学生でも20歳以上でアルバイトなどの安定した収入があれば借り入れが可能ですが、配偶者の収入で生計を立てている専業主婦は借入不可能です。

消費者金融の中ではお得なプロミスの金利

プロミスの最高金利は、主な消費者金融系に比べてもお得な水準になっています。

消費者金融 金利
プロミス 4.5%~17.8%
アコム 4.7%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
アイフル 4.5%~18.0%

金利を見ていくうえで特に重要な最高金利が、他の会社が18%であるのに対し、プロミスは17.8%です。わずか0.2%の差ではありますが、少しでも金利は安いことに越したことはないですよね。

初回契約者であれば30日間無利息サービス!

プロミスでは、以下の条件を満たしていれば30日間無利息サービスが利用できます。

  • プロミスの利用が初めて
  • プロミスにメールアドレスを登録する
  • Web明細を利用する

アコムにも30日間無利息サービスがありますが、メールアドレスの登録やWeb明細利用といった条件がないのがプロミスとの違いです。

もちろんですがプロミスにメールアドレスを登録したからといって、アドレスを悪用されたり迷惑メールが着たりといったことはありません。Web明細利用に関しても、「どうしても明細は紙で欲しい」という方でない限り、さしあたり問題はないでしょう。

またプロミスとアコムの無利息サービスにおけるもう一つ相違点があります。無利息サービスの開始日がプロミスなら「初回出金の翌日」からスタートするのに対し、アコムは「契約日」からスタートするという点です。

pro-in0

プロミスであれば「せっかくの無利息サービスの存在を忘れていて損していた」ということも起きないので安心できますね。

プロミスの公式サイトはこちら

プロミスを利用するのがおすすめな人

  • プロミスで契約をしたことがなく30日以内に返済できる方
  • メールアドレス登録・Web明細利用に抵抗がない人
  • 短期借り入れを検討している人

なんといってもプロミスの売りは30日間の無利息サービスです。どうしてもメールアドレスの登録やWeb明細の利用が嫌ということでなければ、利用しない手はないでしょう。

また、金利も他の消費者金融に比べ低い水準にあります。今までプロミスを利用したことがなく、低金利な銀行系のカードローンの審査に受からないという方や、短期の借り入れをしたいという方にはピッタリですね。
プロミスの公式サイトはこちら

会社詳細情報

正式名称

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社( SMBC Consumer Finance Co., Ltd.)

本社所在地

東京都中央区銀座四丁目12番15号

事業開始日

1962年3月20日

資本金

140,737百万円

従業員数

2,145名

借入情報

金利

4.5%~17.8%

融資限度額

1~500万円

契約方法

インターネット・電話・窓口・郵送

審査時間

最短30分

融資までの時間

最短1時間

無利息期間

初回利用翌日から30日(初回契約のみ)

返済方式

インターネット・口座振り込み・コンビニ・提携ATM・店頭窓口

スマホ

対応
プロミスの公式サイトはこちら